スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Party!!

FDです。

先日、Blender Party @OSAKA ,Japan 2009に参加して参りました。
あんまりきちんとメモ取ったりしてなかったので、レポっちゅーか、まぁ報告みたいなもので。
続きは以下。
会場には10分前ぐらいに到着。もう少し早く出れば良かったと少し反省。
ていうか!ここ最近寒かったのでそのノリで服着てったら結構暑かったです。どうでもいいですね。ハイ。

勉強会会場内。
さすが3DCGソフトの勉強会イベント。すでにノーパソ広げてる方が数人居ました。
隣でBlenderいじってる人と少し話したんですが、前日からBlenderを使い始めたとの事。めっちゃショートカットキーとか使ってる!しかもモデリング結構進んでる。もともと他のソフト使っていたそうですが。
あと、最初の自己紹介時、学校の先生なんかも結構来てる事が判明。

勉強会内容。
■yamyamさんによる、現在開発中のBlender2.5の解説。
最初に挙手によるアンケートで初心者が半数近く居たのと、スケジュールがやや遅れていたのとで、やや駆け足気味の解説。
ていうか、俺2.5の存在あんまり知らなかった。
UIとかかなり変更されてて、でもカスタマイズがしやすくなったとかなんとか。
あと、印象に残ってるのは、全てのプロパティがアニメーション可能になった事とか。

■なんもさんによる、リアルタイム可能な擬似輪郭の解説。
つまるところminnaertの逆というか、マテリアルノードを使用して、カメラに対して角度が急な面を黒くするという手法でした。
この手法の特徴として、
・GLSLによるリアルタイムレンダリングが可能
・マテリアルごとに輪郭線の太さ(?)を調節できる
・逆に、マテリアルごとに輪郭線の設定をしなければいけない
・布切れなどの平面体や角ばったもの等、輪郭付近の面がカメラ側を向いている場合、輪郭線が出にくい
などがあるとの事。
それを聞いて後で思いついたんですが、布などはポリゴンでやや丸みを帯びさせれば輪郭線出るんじゃないかとか、法線を使っているのならコンポジットノードで一発設定できるんじゃないかとか、思いました。
なんもさん曰く、「輪郭線を出す時は複数の手法を組み合わせるのが、品質としてはベスト」だそうですが。

ここで立食パーティーに移動。
食いながらBHとか前回のBlenderPartyに応募された作品とか上映。
食い終わった後、そのまま勉強会の続き。

■Shigeさんによる外部アプリからのOSC(Open Sound Control)によるゲームエンジンコントロールの実験
らしいです。ぶっちゃけプログラムの事はよく分からんのですが;、Mac付属のシーケンサ(?)でリアルタイムに出力している音と同期して、Blenderで作った楽器が動く、というものでした。

■トニーさんによる、Blender+SIO2で開発中のゲームのメイキング。
iPod Touch(Phone?)で動作する、シューティングゲーム、というよりは的当てゲーム(?)を開発中だそうです。
キャラクターははちゅねミクにインスパイアされたそうです。パクりって意味ではなく。
C言語を主に使ってるとかなんとか・・・すいませんやっぱプログラムよく分かりませんorz

だいたいこんな感じで無事終わり、二次会へ。
後で聞いたことなんですが、前回、前々回よりも盛り上がった(というかテンポ良く進んだ?)そうです。
本編に参加された方がほぼそのまま、20人ほど参加する事になったのですが、思いのほかあっさり店が見つかり、そこで。
話した内容は大体以下の通り。
・Blender.jpとは別に、なんらかの形でユーザー会を立ち上げたい
・↑そのあり方は?いろいろ。
・Pythonの特徴について
・↑オブジェクト指向言語。ライブラリが充実してる。
・主催者側の人達は、3DCGを仕事3割、趣味7割ぐらいでやってる人という印象。映像業界やアニメ業界の話が割と普通に通じたので少し驚いた。
・主催者側の人達、年季がパねぇ。
・↑3DCG業界を、俺の感覚からしてかなり昔から見ていたらしい。
・レポ禁止のイベントとかあるからこれはどうなんだろうとか思ってたら、書きまくって宣伝して!って言われた。書くの遅れましたごめんなさいorzw楽しかったですよ!みんな来ればいいと思うよ!

などなど。ここで俺は帰ってしまったので、3次会があったのかは知りませんが。
ともかく、参加者の皆さん、お疲れ様&ありがとうございました!

■追記
書き忘れてたこと。
・Shigeさんの発表の際、「MacとWinの違いは?」との質問
・↑トニーさん曰く、「MacはBlenderを多重起動できないので嫌い」との事。
・↑Macはカラーマネジメントがしっかりしてるソフトが多いとかなんとか聞いたことが。
DEXCS(デックス)の紹介
・↑Blenderを利用したソフト。立体物設計や強度シミュレーションなどに使うっぽい。
・PRJECT LONDNの未公開・最新トレーラー上映

theme : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
genre : 日記

comment

Secret

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。